シン・治してなんぼ

痛みに特化した治療に携わっている医療関係。非常識はびこるネット情報の一時の安らぎになれるように書いていきます。

「膝が痛い気がする」…?

どうも、今日もちょっと変わったクライアントの話です。

「膝が痛い気がする」という訴えをした方。

今回は僕が担当ではなく、同僚のスタッフが対応した方です。

 

膝痛訴えで理学療法処方になりました。

立位バランス低下、片足立位不可、著名な筋出力低下です。

会話をしていると常に「痛い」ではなく「痛い気がする」との訴え。

体幹筋の出力低下がみられており、四つ這いでのエクササイズ。

エクササイズ直後で片脚立位可能、立位で外乱刺激を与えてもびくともしなくなりました。

 

ここまでは普通の話。

生活状況を聴取すると、色々な側面が浮かび上がってきました。

家族に「もっとしゃんと歩け!」「歩くのが遅い!」と叱責されると膝が痛くなる気がするとのことでした。

その他に

「門限が5時30分」

「門限外で病院に行くのに家族に許可をとらないといけない」

など、うーんと思える内容です。

60代女性の方です。

 

ストレスが痛みとして表出する身体症状症(身体表現性障害)の要素が大きい方かもしれません。

膝の痛みは、ほとんどの場合メカニカルストレスによる痛みとされています。

慢性腰痛のような心理社会的側面が強くなるケースは稀と言われています。

今回はまさに稀なケースかもしれません。

 

筋出力低下も同時に起こっているので、精神的なストレスは強いと思われます。

このようなケースにおいても、エクササイズをすれば身体の状態は改善するので理学療法を続ける意味はあります。

 

以前に他の人から聞いた話ですが、

痛くて足を地面につけられないクライアントがいました。

足漕ぎ型車いすで下肢の運動を動かすと「足が痛くない!」と言い、数十分の介入後には足をついて歩行可能になったという話を思い出します。

人間は、痛みは、ホントに不思議な挙動をします。

 

生活状況の聴取は本当に重要です。

介入のヒントや意識すべき行動が隠れています。

回復期リハビリテーション病棟に勤務していたころに培われたニュアンスだったり、意識しているポイントだったりします。

整形外科クリニックでは、こういう視点を持つこと自体が難しいと思います。

 

痛み治療はリハビリテーションICFの概念で紐解くと幅が広がります。

理学療法だから身体機能を高める、とても大事です。

それを生活にどう活かすのか、個人因子も含めて目標立案・計画実行です。

解剖・生理学のみでは不十分。

心理学、精神医学、リハビリテーション医学の知識も総動員して考えると上手くいくケースや理解しやすいケースが増えてきます。

 

結果を出したい人ほど、全人間的に診ると幅が広がります。

解剖生理はものすごく大切です。

でも、人間はそれだけで構成されているわけではないから。

全人間的に診ることは、人の複雑さや不思議さも受け入れることなんだと感じています。

人間はホントに面白いです。

点滴を失敗された痛みが治らない!

 

リハビリテーションに訪れたクライアントの方。

元々は坐骨神経痛。最近はよくわからない痛み・しびれが出ています。

 

右下肢から右の脇腹にかけての痛みと違和感が主な痛み訴え。

???

坐骨神経痛なら右下肢に限局するはず。

なかなか良い感じにはまらず、難渋しておりました。

 

そして最近のこと。

先日、他の病院で点滴をすることになりました。

針を刺すと「あ、失敗したのでやり直します」と看護師から言われたそうです。

その後、別のところから点滴をしました。

すると、点滴を失敗したところがずっと痛くて治らない、刺したところの周辺まで痛いと訴えがありました。

 

針を刺した痛みですから、侵害受容性疼痛です。

しかも、点滴針。

すぐに治るはずです。

痛みが遷延するなんてことはほとんどありません。

 

やっと合点がいきました。

あー、これ脳の過活動です。

前頭葉の痛み回路、前帯状回などが過活動になっていると思われます。

急性痛なのに慢性痛症状が出ている。

こういう場合はストレス適応や精神疾患発達障害の場合があります。

この方はストレス適応でした。

 

話を聞いていると、ストレスに対して抑圧(ガマンしてしまう)する傾向が強いことが分かりました。

抑圧が強すぎると、ストレスが痛みとして身体に出現することがあります。

専門用語でいうと身体症状症(旧:身体表現性障害)です。

元々のストレス適応手段が抑圧メインだったため、強いストレス刺激が重なることで身体症状症が出やすいようです。

さらに前帯状回が過活動なため、侵害刺激の痛みも慢性化症状を呈しているようでした。

 

うちには臨床心理士がいないので、そちらの対応も少し考える必要があります。

いずれ今後の変化もお話します。

僕も抑圧傾向があり、多くの場合、下痢症状として表出されます。

 

ここで気を付ける必要があるのは、抑圧傾向の人ほど

「自分はそんなにストレスを受けていない」

と思い込んでいることです。

抑圧しているので、ストレスを受けていること自体を隠蔽します。

隠蔽しきれなくなると、身体の症状(痛みや下痢、嘔吐、めまいなど)が出現してきます。

 

抑圧という手段ももちろん必要です。

上司に叱責されて「この野郎!」って殴りかかるわけにはいかないですからね。

仕事を失う覚悟がなければ、ここで攻撃という適応手段は選ぶべきではありません。

このように抑圧自体は正常かつ必要な適応行動です。

行き過ぎると良くないという話です。

みなさんもストレスは適度に発散することをおススメいたします。

 

運動したり、おしゃべりしたり、あるいはスキンシップなどが効果があります。

ぜひみなさんも積極的にストレス適応していきましょう。

僕は実は医療がキライでした。

理学療法士になってから

「筋緊張が…」

「麻痺が…」

「姿勢が悪いから…」

「筋膜のねじれが…」

セラピストがよく使うこういった言葉がキライでした。

それはなぜか。

原因を言ってるだけで「こういうことがあるからしょうがないよね」という雰囲気を言葉の端々から感じていたから。

 

僕自身が慢性腰痛で患者側だったとき。

「右足のバランスが悪い」

「頸椎の一番が左に変異してるね」

「腹筋が弱すぎる」

僕が実際に色々な治療を受けていて言われたことです。

 

これらは確かに今思えば的を得た指摘だと今では思います。

的を得た指摘なのに、僕は全く納得できませんでした。

「じゃあ一体何をどうすればいいんですか!?」

これから僕は何をすればいいのか、全くわかりませんでした。

 

僕の治療をしてくれた方々はみなさん真摯に向き合ってくれたと思います。

それでも僕は納得できなかった。

医療者ではない状態で、医療者の説明を受けて全く納得できなかった。

彼らは専門用語や自分の見解を自分の言葉で話し、クライアントである僕は何を言っているのかさっぱりわかりませんでした。

 

相手に伝わらなければ、説明をしているとは言えません。

だから、僕は痛みや動きの原因を「身体のクセ」として表現し、クライアントにも当事者意識をもって運動療法に主体的に取り組んでもらうことを目指して勉強をしてきました。

もちろん、慢性痛には様々な要因が絡み合っています。

一概にそれだけが原因とは言えないのが現実です。

それを差し引いても、慢性痛の方には特有の動きのクセがあり、痛みの出ている部分に負担がかかっていることが非常に多いです。

その修正をするだけでも、非常に効果があります。

何より効果的なのは、目標を共有できることで患者も当事者意識を持って取り組んでくれます。

 

しっかりとした説明ができると、「じゃあ、これを家でもやっていけばいいんですね」と自ら行う発言が見られます。

次回に、家でやってみてどうだったのか、生活がどう変化しているかなどを詳細に説明してくれます。

 

自身の行動で痛みをコントロールできる自信を養ってもらう。

慢性痛治療の現場では「コーピングスキル(問題解決能力)の向上」と表現されます。

運動療法を通じてコーピングスキルを向上させることで、メンタル面にも良い影響が出ます。

運動療法というメソッドを通じて、慢性痛治療の要点である認知行動療法も含めることができます。

慢性痛治療において、リハビリテーションの役割とは身体機能の底上げと生活能力の改善です。

Evidence Based Rehabilitationを考えた時、運動療法をやらずにリハビリテーションセラピストの役割を遂行することは不可能です。

運動療法を極めることで、医療として求められる役割をこなしながら、患者にも感謝される真のセラピストの醍醐味をみなさんにも味わってもらいたいと思っています。

「○○は摂取しちゃダメ!」と「痛いから動かせないんです!」は同じこと

 僕は東南アジアの水を飲むとまぁ大体お腹を下します。

以前カンボジアに行ったときは、現地の屋台の飲み物に入っていた氷だけで3日ほどひどい下痢になりました。観光どころじゃないです(苦笑)。

この時ばかりは某「スト○パ」のお世話になりました。「ス○ッパ」はホントに効きますよ。なんとか観光に回れました。

そんな雑菌だからの水ですが現地の人は全然平気です。人間の環境適応能力はなんて素晴らしいんでしょうか。


 日常的に摂取しているから平気なんでしょう。そう考えると「身体に悪いからとらない」って全く逆のことをしてるんじゃないのかい?と疑問に思うわけです。

 長いことSNSをやっていますが、ここ5年くらいずーっと「これはダメ!あれは危ない!ネタ」がはびこるインターネット。ネガティヴ情報の宝庫です。

 

これって人の健康をとても害しているなと思います。不安を煽ることは、それだけで害があります。

 

 

ノーシーボ効果というものがあります。

人の思い込みが身体に悪い影響を与えるという話です。

 

『ブアメードの血』という実験。

血液の3分の1を失うと人間は死ぬんだよ、と死刑囚に言い聞かせ、目隠し拘束の上足を切る。本人の血液に見せかけ、水がポタンポタンと落ちる音を聞かせ、「出血量が全体の3分の1に達した」と言うと実際は大した傷ではないのに死刑囚は死んでしまった、とか。

この話はノーシーボ効果の説明に必ずと言っていいほど出てきます。原出典を探していたら、どうも都市伝説的な話なようです。

 

ただし、いわゆるプラシーボ効果の反対となるノーシーボ効果は確かに存在します。

「身体に悪い!」と言われて、それを信じていると実際に害がないモノでも「害があるかのように身体の不調が起きる」ことがあります。

 

腰痛の人で「こうすると痛い」「この動きは危険」と思い込んでしまうと、それ行うと大して害がないのにひどい痛みが生じるということが実際にあります。

あるいは「こうすると痛い」が行き過ぎて「痛いから動かさない!」といった過剰な行動が出現します。

ノーシーボ効果もプラシーボ効果も、人間の認知・記憶のシステムの影響でこのような思い込みが生じやすいんです。

 

適切な情報を提供して、クライアントが自立できるように行動変容を促すことが医療者には求められます。

この「痛いから動かせない」という本人にとっては非常に真剣な思い込みをどうやって外していくのか。

そこにボディワーク・運動療法が必要になってきます。

 

どうすれば痛みが出ないのか、あるいはどの動きが痛みを引き起こしているのか。

これらを動作で評価できれば、その場で説明できて納得してもらえます。

 

初回評価で意識していることは

「どんな動きのクセが痛みを悪化させているのか」

「どこが弱くて今後の課題になるのか」

「課題をクリアすることで何が変化するのか」

を明確に伝えるようにしています。

 

しっかり説明する必要があります。情報がないとクライアントも何を頑張ればいいのかわからないからです。

思い込みを外すためのボディワーク・運動療法は痛み治療において必須です。

 

なぜボディワーク・運動療法が必要かと言うと

「動かすと痛いというノーシーボ状態から脱却させる」

これに尽きます。

 

徒手療法と組み合わせたら、最強です。

僕は訳あって徒手療法はほとんど使いません。

 

認知行動療法的ボディワーク」が、僕が最も効果を出している手法だからです。

人の思考パターンを考えながら行動変容を促す、僕が考える最強の方法です。

 

「動かすと痛い」から脱却させることが治療の近道です。

意識して運動させてみると、また違った視点で見ることができますので是非試してみてください。

 

 

痛みがある方が安心する?

先日、クライアントと接していると

「せんせ、しびれがなくなってきちゃった…」

との発言。

 

おいおい、なくなって寂しいんですかい?と思ってしまいました。

 

感覚障害・運動麻痺を伴わないしびれってほとんどは筋痛です。

だからトリガーポイントが効くし、運動療法も効く。

神経圧迫があるなら一過性伝導障害レベルでも運動麻痺が生じるはず。いわゆる「足に力が入らない(明確な筋力低下)」「お風呂の温度がわからない(深部感覚障害)」「触っている感覚が鈍い(表在感覚低下)」


「神経が圧迫されて痛みが~しびれが~」の説明がいかに的を得ていないのかって話です。

運動麻痺もなく、感覚障害もないしびれは、ほとんどは筋痛です。いわゆるトリガーポイントの関連痛と同じ範囲に出ることがすごく多い。

 

生物医学モデルにとらわれすぎると本質を見失います。

生物医学的モデルとは「痛みは構造の破たんによって起きる」ということ。いわゆる「骨盤・背骨がゆがんでいる」とか「骨が神経を圧迫している」とか言われることです。

最近の研究ではヘルニアがあっても無症状だったり、ヘルニアがないのに痛み・しびれが起こることもあることがわかっています。

 

この不思議な現象を説明するために生物心理社会モデルが生まれました。

生物心理社会モデルとは「痛みには構造だけでなく、運動機能・感情・ストレス・対人関係の悩みなど様々な要因が複雑に絡み合って生じている」という考え方です。

骨盤・背骨のゆがみも一因かもしれないけど、他にも色々痛みの原因はあるよということが医学的にも言われてるようになってきたという歴史です。

 

身体表現性障害(今は身体症状症)という疾患があります。

自覚症状に見合う身体的異常や検査結果がないにもかかわらず、痛みや吐き気、しびれなど多くの身体的な症状が長い期間にわたって続くという特徴があります。

うつ病統合失調症に併発することが多いとされていますが、仕事関係や対人関係のストレスで生じることがあることもわかっています。

 

ただし、身体症状症でも身体機能の低下、身体の使い方のクセで痛みのある部分に力学的なストレスがかかっていることも非常に多いです。そこはしっかり理学療法リハビリテーションで改善する必要があります。それに伴って痛みがコントロールできるようになってくることもたくさんあります。

 

わたくし昔は「リハビリテーションなんてくそくらえ。治してなんぼ」とか言ってましたけど(今も治してなんぼとは思ってます)、痛みを勉強すればするほどもっとクライアントを身体だけでなく様々な視点で診る必要があるなと気づかされる毎日です。

 

PAIN NO FEARでがんばりましょう!

「脱力」の真実。

全国810万人の野球愛好者の方、どうもです。

 

今回は「脱力」について。最近感じたことをシェアしようと思います。

 

 

僕は野球をやったことは実はないのですが、頻繁にバットでの素振りをします。

はじめのうちは重くて重くて、10回振ると腕が疲れてしまいました。

でも、あるときからパタッと腕が疲れる感じがなくなったんですね。

 

ある日に振った時、「あ、力が要らないんだ!」ということに気づいたんです。

腕に力を入れない方が、スイングスピードが明らかに早いんですね。

ここまで読んで「じゃあ腕に力を入れずに振ればいいんだ!」と考えるのは早計です。

 

考えるべきは「力を抜けばいいんだ!」という気づきではなく「力が要らない」ということです。大事なことなので繰り返しますが、「腕の力が要らない」ようにスイングできれば良いんです。

 

そのために必要なのは、実は「体幹の強さ」とか「バランス」とか、色々な言い方をされる要素です。

いきなり「体幹の強さ」「バランス」と言われてもピンとこないと思いますので説明します。

スイングは物理的な現象です。バッターが力を発揮して、バットに円運動をさせているわけです。

じゃあその「力の出どころ」ってどこなのか、という話なんです。

 

体幹や足で十分な力が発揮できていれば、腕が力を発揮する必要はないんです。

逆に言えば「体幹や足で力が足りてないから、腕に力が入ってしまう」ということです。

これは野球のスイングだけでなく、ピッチングやスローイング、フィールディングにも同じことが言えます。

 

たとえばピッチングならボールを投げる瞬間の姿勢、いわゆるランジ動作でのバランスが重要になってきますし、その姿勢を安定させる筋力・可動域が不可欠です。

内野守備なら姿勢が崩れたところからの送球も同じです。崩れた姿勢でいかにバランスをとって安定させて投げられるか。

 

いわゆる「才能」とか「技術」と呼ばれるモノの基礎的な一面を担っているのが、姿勢を安定させる力です。

バランス」と聞くとなんとなく脱力して衝撃を受け流すように感じると思います。

体幹の強さ」と聞くとなんとなく、ガチっと固めて衝撃を跳ね返すように感じると思います。

でも、実際に安定している身体というのは「バランス・体感の強さが共存」していて「強い衝撃も受け流して身体を安定させ続けられる」なんです。

 

スポーツをするのに体幹の強さは必須ですし、スポーツレベルの身体の強さがあれば日常生活で疲労することもほとんどありません。

スポーツの才能、根本的な身体の強さはどの競技でも同じです。例えば相撲とフィギュアスケートでも同じですし、ダンスとパワーリフティングでも同じです。

名選手と呼ばれる一流のアスリートほど、基礎力を上げるということを恐ろしいほど徹底的にやっています。

基礎的な力が絶対的なベースになることをわかっているんですよ。

 

「脱力」の真実は裏面にある「身体の強さ、安定感」の要素が深くかかわっているというお話でした。スポーツってホント楽しいですね。

肩甲骨を張り付かせろ!

 腕が上がらない、なんとなく肩こり、だるさが抜けないみなさん、どうもです。

 

肩関節周囲炎、いわゆる五十肩な人で治りが悪い人っているんです。

そういう人ほど、肩甲骨が肋骨に対して浮いてます。

肩甲骨を止めておく力が弱って、あらゆる動作で肩甲骨が肋骨から浮いたままになってしまうんです。

 

肩甲骨が浮くと、肩甲骨自体が不安定になり、肩に余計に力が入ってしまい痛みや動きの制限につながってきます。

簡単に言えば、肩甲骨を肋骨に張り付けられるようになればよくなっていくんですが、これがなかなかな作業です。

 

人によって比較的安定させられる動きが全く異なるので、なかなか難儀します。

そして、うまくできないほど、いくら動かしても「全然問題ありません」「楽です」と連呼します。本当に効くと腕がプルプルしたり一気に汗が噴き出てくるはずなんですね。

 

どこに行ってもダメな人って、実はこういった「間違った動きのクセで凝り固まっている」ことが非常に多いです。

一見問題なくできているように見えて、実は全然できていない。だからみかけの正常っぽい感じにだまされて、セラピスト自身もどこが悪いのかわからなくなる。悪循環です。

 

運動をさせてみて全く問題なさそうでも、「気づいていない問題があるだけだ」ということを頭の片隅に置いています。

そうでなければ、どこに行ってもダメだった人とまともに向き合えません。やれることをやりきった上で、ダメな時にこそ心因性を疑うべきです。まあその前に生活習慣だとか色々なものを考える必要あるんですけども…。

 

肩甲骨を安定させれば、肩は良くなります。

できない人のために、僕らの仕事はありますよ。

あきらめずにがんばってみませんか?