読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身体の軸は心の軸

国家資格保持者が教える真の痛み治療。元インストラクター、理学療法士。

痛みは整体でなくエクササイズで良くなる

僕は理学療法士として、ペインクリニックでリハビリテーションを行っています。

そもそもどういう仕事なのか。

基本的に運動をしてもらっています。痛みに対して運動?と思う方もいると思います。

今日はそのへんのお話をしようかと。

 

痛みのアプローチ=徒手療法・整体という認識が日本では常識ですが、ヨーロッパやアメリカでは非常識です。

実は、世界的に慢性痛の効果が認められているのは、整体手技ではなく「運動」なんです。どの国の診療ガイドライン(医療関係者が参考にする研究データベース)でも、運動は痛みへの有効性が書かれており、逆に整体手技に関しては「やってもいいけど、回数を決めて短くお願いね」と書かれています。

 

日本は伝統的に鍼や整体が盛んですし、鍼灸師柔道整復師など国家資格としても定められてます。理学療法の分野にも徒手療法学会が強い力を持っています。

そういう事情もあって「痛み=体を動かす」ではなく「痛み=受け身治療」というイメージがあまり浸透していません。

 

科学的根拠に基づいた痛み治療は、基本はセルフメディケーション、自分で痛みと向き合って治療していく、です。

医療者はそのサポートとして存在する。この考え方が基本になっています。

 

痛みとの向き合い方、身体との向き合い方を教えるのが僕らのお仕事なんですね。

僕のアプローチは痛みがある方だけでなく、予防やアンチエイジング、スポーツを長く楽しみたい、と考える方にも非常に有効です。

背骨の潜在力を引き出して、無理なく体を動かすことで筋トレやスポーツをしていなくても身体の機能は保てます。

 

先日は、そういったお話を埼玉でさせていただきました。

なかなか好評で「こういったメニューを受けたい!」とのご要望もいただいて、本当にありがたいです。

今年中には準備をしていきたいと思いますので、もう少々お待ちいただければと思います。

 

「痛みには運動!」全国に広げていきますね。