読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身体の軸は心の軸

国家資格保持者が教える真の痛み治療。元インストラクター、理学療法士。

慢性痛と「うつ」の関係。

全国1700万人の慢性痛持ちの方、どうもです。 慢性痛の方と話していると、「うつっぽいなぁ」と思うことがけっこうあります。 これは決して「うつ病である」という意味ではなく、抑うつ気分と考えます。 やる気が起きない、気分が落ち込む、頭が働かない、行…

運動は痛みを感じにくくさせるんだって。

全国1700万人の慢性痛持ちの方、どうもです。 日本では「痛み=整体や鍼、マッサージ」といった受け身治療が中心となってきました。僕がいる理学療法業界でも「痛み=徒手療法」と考える人が多いです。 これは世界的に見るとあまり常識的ではありません。200…

痛みは整体でなくエクササイズで良くなる

僕は理学療法士として、ペインクリニックでリハビリテーションを行っています。 そもそもどういう仕事なのか。 基本的に運動をしてもらっています。痛みに対して運動?と思う方もいると思います。 今日はそのへんのお話をしようかと。 痛みのアプローチ=徒…

「○○するべき」に縛られてしまう

日本1700万人いる慢性痛を抱える方、どうもです。 自分自身に「もっと頑張らなきゃ」「努力しなきゃ」「運動しないといけない」「家族に迷惑はかけられない」ってかんじがらめに縛っていないでしょうか。 「~しなきゃいけない」っていう言葉。これはある種…

ぎっくり腰を早く痛みを減らす方法 その1~腰椎硬膜外ブロック~

どうも、身体を哲学する男、ヨシバです。 今日の話題はぎっくり腰です。 僕自身も何度もぎっくり腰をしたことがあります。あれ、けっこう辛いですよ。初めてなった瞬間がまたなんともかっこわるいんで言いたくないんですが…。 聞きたいですか? 聞きたくなく…

痛いから動かさないように→それ、逆に悪くしてますよ。

どうも、フィジオフィロソフィストのヨシバです。 こういう方、けっこういらっしゃいます。 「痛いから、動かさないようにしている」 「動かすと痛いから、あまり使っていない」 これ、逆に痛みを悪くします。 動かさないように、というのは「安静および活動…

その怒りは誰に向かっている?

どうも、フィジカルフィロソフィストのヨシバです。 痛みが長く続いていると怒る人、います。 何かに対して怒りを感じている。でも、その何かってなんでしょうか。 怒りには、おおむね2種類があって、健全な怒りとそうではない怒りがあります。 まずは、自…

くびれを作る呼吸

どうも、フィジカルフィロソフィストのヨシバです。 人間は死ぬまで呼吸します。 生まれた瞬間は肺に溜まった羊水を吐き出す、息を吐くことから始まります。 死ぬ瞬間は吸って止まると言います。 時々、吐けない人っているんですね。これは本当に稀なパター…

痛みは自分と向き合うきっかけになる

どうも、フィジカルフィロソフィストのヨシバです。 痛みの経過が長い人と何度か関わっていると、よく聞かれる質問があります。 「○○したのが良くなかったんでしょうか?」 「あのとき○○だったら、こうなっていなかったのかな」 この時、医療者としてという…

呼吸をやめてしまった人々

どうも、フィジカルフィロソフィストのヨシバです。 呼吸が大切、ということは前回お話をしました。 参考:昨日の記事「日本人のDNAに刻まれた心の整え方」 では、真の呼吸が出来ていない人はどういう身体の状況になっているか、ということを今日はお話しま…

日本人のDNAに刻まれた心の整え方

どうも、フィジカルフィロソフィストのヨシバです。 僕がクライアント全員にやってもらうことの1つに呼吸があります。みんな言葉では聞いたことあるし、頭ではわかっている。でも、ちゃんとしたやり方は意外と知らない。そして、思った以上に出来ない。 痛…

当ブログの説明。

当ブログにお越し下さりありがとうございます。 フィジカルフィロソフィストのヨシバです。 簡単な自己紹介になりますが、僕は普段ペインクリニックに勤務する理学療法士(国家資格)です。 リハビリテーションを主な仕事としています。 痛みに対するリハビ…